お気に入り・お笑い Feed

2006年11月 1日 (水)

どないしよ、回ってきてしもうた。。。

奈良でうさぎカフェを営んでおられる
yumiさんのブログ「うさぎの生活」の中で
いろんな意味で物議をかもしだし…、ゴホゴホ、
もとい大人気のキャラクター、
クラリス・コハマ・ウナバーラから
とうとううさぎバトンならぬ
クラリスバトン?が回ってきました。

受けとらなアカンの?
拒否できへんの?
どないしよ。。。
とりあえず、今夜は寝よ。。。


「報告したんなら受け取ったも同然じゃないの?」
とあきれているさくら嬢に
ポチッとお願いしま〜す。
人気blogランキングへ


こちらもよければお願いしま〜す!
にほんブログ村 うさぎブログへ



2005年11月 6日 (日)

突然思い出したけど。。。

私が高校生の頃、友人と『ゴーストバスターズ』の前売り券を買いに南の某映画館へ。エレベーターが来るのを待っていると、酒臭いおっさんが、隣へすっとやってきたのです。
「昼まっからよう呑むなあ」という感じで友人と目をあわせ、そ知らぬ顔をしていたら、そのおっさんが突然大きな声で「か〜っ!あんたら、お好み焼き食べたことないんかっ!ほんまもんのお好み焼きくわしたろっ!」と突然私の腕をつかんだのです。
あっけにとられていると、友人が「いらん!」と言っておっさんの手を振りほどいてくれ私の腕を引っ張ってその場から逃げてくれたのです。そのおっさんは「なんや、今の若いもんは…」とぶつぶつ言っていたのですが、どうも見覚えのあるおっさん。。。しかも、腹巻にニッカポッカ、作業着の上着を着ていて。。。
そう、今は亡き某喜劇役者のO.H.氏。当時は知らなかったのですが、酒びたりの時期がおありだったようで、その頃だったのかなあ、と本田美奈子さんの訃報をみて、突如思い出したのです。

考え事をしていると、何の関連もないことだけれど、突然合点がいくことがよくあります。私も呑み過ぎなのかも。。。

2005年10月31日 (月)

一昔前のはなし。。。

もう10年くらい前の話。
藤井隆くんが新喜劇で「ひゃ〜、ほほほ…」と笑いながらくるくる回っていた頃。当時ヘリコプターマニアで2歳前だったうちの長男はそんなメインローターのような芸の藤井くんの大ファンでした。

そこで一度吉本見に行こか、と家族3人でNGKへ。
ところが、団体のお客さんが多く、席がほとんど満席。しかも小さい子を連れているので、ぐずったらすぐに出られるように一番最後列の左端の方で(出入り口の近くだったので)立ってみようとしていたのです。

すると、端の席とそのとなりのお兄さん、見るからに芸人の卵らしく、ノートを出してメモをとりながら、真剣に舞台に見入っていたのです。新人さんが勉強してるのか、なんかこういう子らって一生懸命でええなあ、と思いながらその人たちの後ろに立っていると、ひとりのお兄さんがこちらに気づき、小さい子を連れているのをみると、相方を促して「どうぞ、座ってください」と席を譲ってくださり、そそくさと移動してくれたのです。

「なんか、見たことある二人やなあ」
「最近テレビでてたかも。。。やっぱり芸人さんの卵かなあ」
と主人と二人、話していたのですが、しばらくして、その二人が『雨上がり決死隊』だったことが判明。

最近、宮迫さんはドラマでも大活躍、蛍原さんはあぶらすましをノーメークで演じられるほどの(?)活躍ぶり。
あのとき、すごくハングリーな目で先輩達の舞台を見ていた二人、これからも、お笑いの方も頑張ってほしいなあ。

2005年10月29日 (土)

しずちゃん

言わずとしれた『南海キャンディーズ』のでっかい女の子の方。
今うちの子供たちの中(に限る?)でアイドル的存在。

というのも、150センチ以下の私に似てはならぬ危機感いっぱいの子供達。特に上の二人は男の子なので、背の高さだけはお父さんに似てほしいらしく、しずちゃんがいかにしてデカくなったか、ということに興味深々。「きっと牛乳アホほど飲んでたんやで」とか、「小魚どころか鯖とか鮭の骨もかじってたんちゃうか」とか、まるで山姥扱い。。。でも、彼女は生まれたときに既に5000グラム、スタートからうちの子供たちにはハンディがあったらしい。おぎゃ〜時点でうちの子たちのほぼ2倍の大きさ、まさか20ヶ月お腹にいたのでは。。。?

デカさの話ばかりだと、「ねたには?」とのんびり口調でしずちゃんの突っ込みが入りそうですが、ごめんなさい。母映倫が入っているのでコントはほとんど見せていないのです。インリンねたじゃないときだけということで。。。


2005年10月21日 (金)

だれピカ!

子供の頃、土曜日の午後は吉本新喜劇、松竹新喜劇と続けざまにみては大笑いしていた私。。。

今日は「笑いの金メダル」がないなあ、と思いつつ、TVをつけると「たけしの誰でもピカソ」がお笑い居酒屋ではありませんか。

実はひそかに「だれピカ」ファンの私。
フジコ・へミングや世界的プリマドンナの方からWAHAHA本舗まで同じ舞台でやってくれるのはこの番組だけ。芸術的ながら肩肘張っていない、お気楽芸術番組、とでも言えばいいでしょうか。美術館好きだけど、あまり芸術に詳しくはない私でも、とても楽しめるのです。その中でも、注目のお笑い芸人たちがやってくるお笑い居酒屋は特に楽しく、私は気に入っております。

最近、つい口ずさんでしまうのが「武勇伝、武勇伝、意味はないけれど〜」というオリエンタル・ラジオのフレーズ。耳について離れなくなるときがあります。今回は出ていませんでしたが、次回は出してあげてください。TV東京さん、お願いっ!!