さくら Feed

2013年8月 4日 (日)

初七日がすぎて  ~徒然と長文です~

コメントいただいた皆さま、

 

こそっと覗きに来られた皆さま、

 

ありがとうございました。

P1000671_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月頃、ソファの上で大はしゃぎ後のさくら嬢

 

さくら嬢、7月28日に荼毘にふしました。

 

本当に珍しく、家族全員がいられる日でした。

 

さくらはわかってて逝ったとしか思えないタイミング。

 

本当にかしこい子でした。

 

主人の先祖代々のお墓に行く途中にあるお寺にペット霊園があり、

 

そのお寺の中の火葬場にお願いしました。

 

たまたまうちと同じ宗派のお寺で、これも導きなのかもしれません。

 

 

 

8歳もすぎたので、そう遠くないうちにお別れの日が来るのだろうな、

 

と覚悟はしていたのですが、

 

きっと今年は過ごしてくれる、

 

もしかしたら来年の誕生日も・・・と

 

日々希望を持っていたのに、

 

発作を起こしてからあっという間だったので

 

思っていたほど覚悟ができていなかったのに気付きました。

 

さくらは二年程前にソアホックになり、

 

一年前くらいから、盲腸便を踏んでしまって

 

足やお尻を汚してしまうようになっていたのです。

 

 

 

毎日足やお尻を洗うのに格闘し、

 

『暴れん坊さあちゃん』の異名を持つさくらを

 

大人しく洗える術を身につけたのは私だけ。

 

なので、自宅が職場なのを幸いに、できるだけ長時間の外出を控え、

 

汚れたのを見つけたら即『お尻きれいきれい』

 

の日々を過ごしていました。

 

と同時に、一時3キロオーバーになっていたさくら嬢、

 

ダイエット大作戦を敢行していたのです。

ちょっとずつ効果が出てきて、

 

6月の後半ごろからはほとんど足もお尻も汚さなくなっていました。

 

体重も2.6キロ台。ほぼベスト体重。

 

「よかったね~!!」と家族中で喜んでおりましたが、

 

たまにお尻を汚したのを拭くときに、

 

足の力が弱っているように感じていました。

 

仰向け抱っこ、嫌がらないようにはなっていたのですが、

 

慣れたから、というよりはしんどいからなんじゃないかな?

 

とちょっといやな感じはあったのです。

 

次にお医者さんに行ったら、一度ちゃんと検査してもらおうね、

 

と言っていたところでした。

エンセだったのか、も結局は推論ですが、

 

状態的に一番可能性が高いのでは、とのこと。

 

エンセ特有の眼振はなかったのですが・・・。

 

血液検査の結果は肝臓に色々よくない数値があり

 

(これはストレスで増すそうなので、数値的には

急に起きた体の変調によるストレスや

 

大嫌いな病院に連れてきたせいかも、とのこと)、

 

致命的だったのがCPKという中枢神経の損傷を表す数値が

異常に高かったことです。

 

 

 

夜中、長男がテスト勉強中に突然、バタバタし始め、

 

左後ろ足に力が入らないようになり、

 

もしや、と思ったのですが、さくら自身がパニックになっているようで

 

長男の机下に閉じこもりビクビクしていたので様子をみてしまいました。

 

朝になると両足がだらんとして、前足だけで這っていました。

 

レントゲンでは骨折などはなく、病状の進み具合や他の検査と照合して、

 

おそらく病変=エンセではないか(エンセの検査結果は数日

 

待たなければわからないので検査結果でわかる範囲では、

 

「おそらく」としか言えなかった)と言うことでした。

 

 

 

診察が始まる前に受付で状態を話したので、

 

緊急性が高いと判断してくださると思ったのですが、

順番通り待ちました。

 

その間に一度発作を起こし、少し落ち着いたのですが

 

ずいぶんぐったりしてしまいました。

 

その後しばらくして順番が来たので診て頂いたのですが、

 

検査が済んで上のような結果を聞き、

 

治療に入ったところで急変したのです。

病状説明を受けたとき、介護生活になるから、と

心得を書いたプリントをいただき、

これから頑張らなくては、と強制給餌に必要なものや、

低反発クッションいるよね、とか、とにかく生きること前提で

考えていた矢先の急変でした。

 

呼ばれて心臓マッサージをされていたのを見て、

 

「ああ、さくらはもうこんなに辛かったんだ」と思いました。

 

明日帰ってくる次男どころか、

夕方部活から帰ってくる娘、

ましてや「テスト1時限目だけやから待っててな」

 

と出かけていったさくら嬢最愛の長男も待てないほど、

 

「しんどかったんやね」と思うと、もうこれ以上

 

「続けてください」とは言えませんでした。

 

 

 

気の強いさくら嬢、

このひと月ほどすごく頑張って

 

「私は大丈夫」って振りをしていたのかもしれません。

 

そう思うと、足の力が弱いと気づいたとき、

 

あるいは左足がおかしい、と気づいたとき

 

すぐにお医者様に行けばよかった、と悔やんでも悔やみきれません。

 

 

 

長男は「さくらは気が強いから、絶対寝たきりとか拒否ってたと思う。

 

フリーダムが大好きなさくらが、

 

自由が利かないまま生きる方がかわいそうや」と言っていました。

 

私もそう思います。勝手な解釈ですが。

 

長男はさくらを飼いたいといった言いだしっぺ。

 

手を三回叩けばさくらが走ってくるようにしつけたほど、

 

さくらのことをよく知っています。

 

 

 

次男は合宿から帰るバスの中でこのことを知り、

 

「さくらはバナナが好きやったから、バイト代が入ったら

 

高級なのを買ったるって約束してた」とバナナを買ってきてくれ、

荷物を玄関に放り出しバナナだけを抱えて、

 

さくらを寝かせていた部屋にこもりしばらく大声をあげて号泣していました。

 

 

 

娘はショックだったようですが割と冷静に

 

「さあちゃん、もっとうちの子でいてくれたらよかったのに・・・。

もっと耳のフケとりや眼やに取りしてあげたかったなあ・・・」と

 

毎朝毎晩、さくらの耳のコーミングや眼やに取りが日課だった娘は

 

さくらの耳を撫ぜていました。

 

 

 

主人は数年前から朝5時半にさくらにブロッコリーを与えるようになり、

 

さくらとのふれあいが増え、自発的に「道の駅」の新鮮野菜を買いに

 

行くほど溺愛していたので、今もなんだかがっくりとしております。

 

 

 

私は、というと、冷蔵庫の野菜室を開けては涙、

PCを見ては涙、と情緒不安定ですが、大丈夫。病んではいません。

 

スーパーでは「葉っぱ付きニンジンと、セロリ・・・」とさくら嬢が大好きなものを

 

初七日が過ぎた今でもつい最初に探してしまいます。

 

買い物から帰ったら「さあちゃん、ただいまあ~」という癖が抜けません。

 

りっちゃんのときもそうだったので、

 

たぶんしばらくはずっと言っていると思います(笑)

 

自作の変なさくらの歌も気がついたら歌っています(爆)

 

さくらはこんなにも家族の中心だったんだね、と

 

毎日さくらの話をしています。

 

もうりっちゃんやべジに会ったかな?

Pa040112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の通り凶暴な王子だったべジータ、2歳目前に逝ってしまいました。

近づくだけで暴れるので、顔がわかる写真、これくらいしか撮れなかったのです。

 

 

 

 

Tyv0o3_z

 

 

 

懐かしのりっちゃんとの遭遇

さくらと過ごした8年7カ月、

子供たちはそれぞれ11歳、8歳、6歳だったのに、

 

今は19歳、16歳、13歳。

 

長男の運転で通院したこともありました。

 

 

P1003714

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月の初旬ごろの写真。

待合室で長男がいればこわくない、とばかりにキャリーから出てきたさくら嬢。

長男が大好きで、家に帰ってくると必ず隣に寄り添っていました。

 

 

 

 

P1000709

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荼毘にふす前の最後の写真。

こんなにすきなものいっぱい鼻先にあるのに、

 

何で眠ってるの?と思うくらい、穏やかな表情でした。

 

大好きだったもの、いっぱい入れてあげたのに、

 

あんなに好きだったセロリと青じそ、にんじんの葉を入れ忘れ、

 

最後まで何か抜けてる私たち。

 

 

 

うちにきて幸せだったかな?

 

そうだったらいいなあ・・・。

と、願う毎日です。

 

Zygbszztthumbでかけるとき、

必ずこんな顔で

「何処行くの?」って

ついて来たさくら嬢。

 

 

うちに来てくれて、ありがとうね、さくら。

とここまでは昨夜書きあげていたのですが、

以下後日談、ということで。

実は昨日の夜、お祭りに行った娘が部活の先輩から

「金魚すくいの金魚、あげる」と押し付けられたと、

嬉々として連れて帰ってきました(笑)

黒の出目金と普通の小さな金魚。

6月に最後の1匹になっていた

我が家で生まれ育った金ちゃんも逝ってしまい、

10数年ぶりの金魚ゼロ生活になっていた我が家。

やっぱり金魚もかわいいね、と

金魚すくいで弱っているので、無事に生きてくれるといいなあ、

と、朝から何回も様子を見に行っています(笑)

「命って大きいなあ」と、昨夜バイトから帰って来て

まさかの金魚を見てつぶやいた長男。

ほんまやね。

体の大きさ、関係ないね。

そんなふうに感じてくれるのは

やっぱ、さくらがいてくれたからやね。

さくらの存在は本当に偉大やったんやね、

って改めて実感しました。

本当に、さくらはすごい子。

自慢の子です。

 

長文なのに最後まで読んで頂いた皆様、

本当にありがとうございました。

皆さまの大事なうさぎさんや家族たちが

ずっとずっと幸せでいられますように。

 

 

みみたれしましま

 

2013年7月26日 (金)

ご報告

時折、報告がてら更新できればと思いつつ、

日々の生活に追われて長らく放置しておりました。

久しぶりの更新、ということは、

またなにかあったな、と察しの良い方はお気づきだと思います。

 

さくら嬢、

本日午後12時12分、

永眠致しました。

2005年1月10日、

我々と目が合ってしまったのが運のつき?

我が家の一員となってくれ、

それまでほとんど知らなかったうさぎさん

という生き物のことを身をもって教えてくれ、、

さらにいろんな方と知り合うきっかけを作ってくれました。

死因はエンセによる麻痺ではないか、ということでした。

症状がでてから12時間、8歳7カ月と26日(くらい)、

高齢のさくら嬢、がんばりました。

 

最近のさくら嬢は寝ていることが多かったのですが、

年とは反対に赤ちゃんの頃みたいに

幼く見えてかわいかったのです。

それなのに、さくら嬢はカメラ嫌いなので

あまり写真を撮っていなかったのが悔やまれます。

今も老女とは思えない、若々しい寝顔です。

 

もうひとつ、心残りなのは

おとといから次男がクラブの合宿で、

昨夜具合が悪くなってからのさくら嬢にあっていないこと。

ごあいさつしたかったよね。

 

 

今まで時折心の片隅で

「さくら嬢、元気かな?」と思ってくださっていた方、

今回初めてお越しいただいた方、

みなさま、さくら嬢をかわいがってくださり、

本当にありがとうございました。

さくらに代わり、御礼申し上げます。

 

みみたれしましま

2012年4月 7日 (土)

ココヤムさん!!

それは昨年11月12日のこと。

厳密に言うとその数日前、たまたま

友人たちと呑み歩きお食事して来た夜。

たまたま『かばいいお店』の通販をチェックしていて見つけた

P1003536s

 

 

 

 

 

この画像でわかる方には一目瞭然かと。

そう、うさぎが必ずまったりする、という幻のココヤムクッション

それがとうとう届いたのです!!

P1003533s

 

 

 

 

 

 

 

 

箱から出した直後、まだビニール袋に入っているのに

早速お乗りになったさくら嬢。

「さすがは幻のココヤムクッション!」

と思ったのもつかの間。

袋から出すと・・・。

P1003537s

 

 

 

 

 

 

 

このありさま。

わかりづらいかと思いますが、噛んでます。

今現在、こちら側を上に向けて使えないくらい、

かわいい模様はかわいそうな模様にかわってしまいました。

先日『Enjoy Rabbit Life』でお会いしたココヤムさんに、

正直に「まだ乗ってくれない・・・」とお伝えしたら

「大丈夫、頑固な子でも一年くらいたったら乗るらしいから~」と

言っていただいたので、気長に待つことに。

そして昨日、突然その日がやってきたのです。

まだ5カ月ほどだというのに、

とうとうcrying

来たのです!!

嬉しすぎて引っ張れません。

いきます!

 

P1000318s

 

 

 

 

 

 

ジャン!

いかがですか?

ココヤムさん、おぢちゃん、

うちのさくら嬢もとうとう乗りました!!

もう「クララがtap dance!」ばりに、踊りました!

アラフォーなので、気持ちだけですがcoldsweats01

もう嬉しくて嬉しくて、ついつい連続更新してしまったという次第。

まだ乗ってくれない、という方、

希望を捨てずに、気長に待ってみてくださいね!!

 

 

子供が受験に合格したより喜んでしまったのは

内緒の秘密sweat01

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2012年4月 6日 (金)

今年の春は

う~ん、連続更新、大丈夫か?

と思いつつ、ちょっと頑張っておりますcoldsweats01

P1000308s

 

 

 

 

 

 

さくら嬢、長女になでこされてご満悦の図。

今春、我が家の3兄妹たちの春休みはいつもより長め。

というのも、長男は高校、次男は中学、長女は小学校を卒業。

ということで私も卒業式三連発(笑)

しかも式のある日に限って今年一番の寒波、という枕詞付きの日(爆)

普段家にいない兄妹たちがいつもいないはずの時間帯にうちにいる。

さくらも戸惑っていたようです。

しかも普段は家が職場の私、

野暮用続きで式関係だけでなく、所用で出かけたりするので

さくら嬢、さらに混乱している様子。

私がちょっとでも普段と違う行動をしようものなら

耳をプロペラ状態にして私の様子を窺うように付いて来る。

「さあちゃん、またお留守番なの?」と訊いているかのよう。

ちなみに入学式も三回です(笑)

春の大あらしだった3日、咲州(さきしま)にある某ホテルで長男の大学の入学式。

開始時間は爆弾低気圧が通過する時間帯wobbly

みごとにニュートラムと地下鉄が止まりました(笑)

とりあえず地下鉄が動くまで小一時間待ちましたが、

バイクはなぎ倒され、海は大時化。

府庁の入っているWTCも咲州にありますが、

風でビルが大揺れ、エレベーターが止まったりと大変だったとか。

翌日の長女の入学式は晴れたもののめっちゃ寒く、

着ていくものに困りましたbearing

後は9日の次男の高校の入学式で式関係はとりあえず一段落。

その後はさくら嬢の優雅な昼寝三昧の日、復活するはずsign02

P1000314s

 

 

 

 

 

で、このブログは本格復活なのか?

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


ペット(ウサギ) ブログランキングへ

2012年4月 5日 (木)

春!

ご無沙汰しております。

upもうすでにわがブログの定型句sweat01

タイトルとは何の関係もないですが、

前回更新が真夏とは・・・coldsweats02

P1000290s_2 

 

 

 

 

 

今朝のさくら嬢。

足元は見なかったことに(笑)

年末にひどい食滞を起こしてから

軟便が続いたり、

心配しておりましたが

検査をしても特に悪いところもなく、

状況から察するに高齢&『肥満』が原因らしい。

ひとえに人間どもの管理不行き届き。

いっぱい食べるうさが好き~♪

とばかりに、調子に乗ってしまった、

人間の責任です。

そんなダメダメ飼い主のために、

食べるの大好きさくら嬢

ただ今ダイエット中。

ちなみにケージ前にペットシートを敷いているのは

彼女が頑としてケージに戻るのを拒否し、

自分で「ここがトイレ」と決めてしまった場所。

最近は自由気ままに部屋の中で過ごしています。

え?自由気ままは私の方?

ホンマや・・・。

 

 

自由気まま更新中

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


ペット(ウサギ) ブログランキングへ

2011年7月15日 (金)

暑いけど。。。

おにいちゃんと一緒が好き♪

な、さくら嬢でした。

2010062008250000oniisakura

     

     

      

      

      

      

      

      

      

      

      

      

なぜかポーズまでそっくりです(笑)    

      

      

追記

みみ~ずだよりのうっ子さん、お月さまへ。

うっ子さんのママのらら美さん、

マゼ村氏こと、マゼンタさんに続いて、

悲しすぎます。。。

2011年1月 1日 (土)

♪A HAPPY NEW YEAR♪

Img067_2

2009年12月24日 (木)

Merry Christmas!

Sakurasantamerry_2

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

さっき近所の教会の聖歌隊が回ってきました。

みなさま、素敵なイブを過ごせますように。。。 

2009年11月28日 (土)

ビバ!!

ビバ!!
ニンジンの葉、強奪中。
写真ブレ過ぎ(笑)
さくら嬢に見れる日常的な光景。
これも元気だからこそ(^^)

  

  

  

人気ブログランキングへ

  

  

  

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村

2009年11月25日 (水)

さくら嬢の病気で考えたりしたこと

そのままのタイトルなんですが、

いろいろ、今回のことで健康というものが

どんなにありがたいか、と考えたわけです。

今までも健康が一番、と思っていたのですが、

やっぱり身にしみるのは病気に直面したとき。

実はさくらの出血騒動があった少し前に

家族もちょっとした病気になったんですね。

今も一進一退なんですが、

ちょっと長丁場となりそうです。

  

P1000026

  

  

  

  

  

  

  

  

  

そんな中でさくらまでだったので、

私にとってはダブルパンチでした。

とりあえず、目に見える悪いところは取りきった

とおっしゃるお医者様を信じておりますが、

実はさくら嬢の病気は

子宮内膜癌でした。

今の段階のレントゲンや血液検査では

特に他に異常はないそうなので、

現段階では完治と言っていいのだと思います。

が、遠隔転移といって、

稀に肺に転移する可能性もあるそう。

定期的に健診を、とのことでした。

目に見えるところにしか病変がない段階に

手術できて本当によかったと思います。

が、もしかしたら見えないだけで

他のところにも、という可能性が

ゼロというわけではないのも事実。

ここは一つ明るい方に目を向けましょう、

と思いつつ、

元々がマイナス思考な私、

ついつい後ろ向きに考えてしまい

いかんいかん、と思う毎日(苦笑)

  

  

  

P1000030

  

  

  

  

  

  

  

  

  

でも今さくらはここにいる、

それが全てじゃないか。

そう思うと、

いろんなことが愛すべきことに思えてきます。

うさぎって、偉大です。

ちなみに、さくらが我が家の潤滑油。

家族の中心にさくらがいるのです。

  

  

  

Pa150008

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

さくらのことを心配してきてくださった皆様の

応援も本当にありがたかったです。

さくらだけではなく、私たち家族にまで

お気遣い頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

一人では煮詰まってしまいそうで、

実はblogの書き方が変わって

ややこしくなったため放置していた、

ともいえるこのblogを

復活したというのが真相だったりします(笑)

おかげでずいぶん慣れてきて、

何が幸いかわかったものじゃありません^^;)  

  

さくら嬢の今回の病気は

これっきりで終わってくれることを祈りつつ、

後悔のない人生&兎ライフを送りたいと思います。

最後まで読んでくださった皆様、

ありがとうございました。

そしてこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

  

みなさまの健康とご多幸を祈りつつ、

珍しくちょっとまじめなみみたれしましまでした。

  

  

  

人気ブログランキングへ

  

  

  

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村